不貞行為の立証について

 法律上、夫婦のどちらかが不貞行為をしていた場合には、不貞行為をした側の同意がなくても、裁判で離婚が認められます(民法770条1項1号。ここで「不貞行為」とは、「結婚していることを知りつつ異性と肉体関係を持つこと」をいいます。)。

 ただし、「不貞行為」については「不貞行為をしていない側」において、裁判所が認める程度に証明しなければなりません。

 この「裁判所が認める程度」というのは意外とハードルが高いんです。

「勘」は証拠にはならない

 例えば、「帰宅時間が深夜になった」「外泊するようになった」「常に携帯電話のメールを気にしている」「急に香りの強い香水を付けるようになった」といったような、「女の勘」「男の勘」レベルですと、まず認められません。

 では、これよりもう少し進んで、「ホテルに宿泊したレシートやクレジットカードの明細がある」「デートの約束と思われるメールや不貞行為を連想させるメールのやり取りがある」くらいではどうでしょうか。

 現状では、おそらくそれだけで「不貞行為があった」と裁判所が認めてくれる可能性は極めて低いと思われます(ちなみにメールは写真を撮って保存しておくとよいでしょう)。

 当事者からすると、このレベルに至れば「確信」に近いでしょうから、「なんでこれで認められないの?」という気持ちになるかと思います。

より強力な証拠収集

 それならば、と探偵(興信所)に頼んで「ホテルに二人で入るところの写真」「入ってから2時間後に出てくる写真」を取得したとします。

 それでも、その写真だけでは「不貞行為があったこと」を直接証明する証拠にはなりませんが、そのホテルが「ラブホテル」ならば、まずまずの有力な証拠といえます。

 結局のところ、「不貞行為」を証明するための決定的な証拠は、「肉体関係を(その2人が)持っている映像や写真」ということになりますが、そんな証拠はないのが普通ですよね。

不貞行為を認めてもらうには

 そこで、上記のようにそれだけでは認められない証拠をたくさん集め、「合わせ技」で裁判所に「肉体関係があったであろうという推認」をしてもらう、という手法をとるのが一般的です。

 配偶者の不貞行為を疑っている方は、メールや手紙、ホテルの領収書やクレジットカード履歴、外泊した日付を記載したカレンダーや日記などをしっかり保管しておくことをお勧めします!