公正証書とは、個人等からの依頼により、公証人がその権限に基づいて作成する文書のことをいいます。

金銭の支払を目的とする債権について、「約束どおり支払わない場合には強制執行を受けても異議はない」との条項を入れて公正証書を作成しておけば、債務者が約束に違反して支払をしなかった場合には、この公正証書に基づき相手の財産や給料などを差し押さえることができます。

通常、相手の財産や給料を差し押さえるためには裁判をおこして判決を取るなどしなければならないため、そのような費用や時間がかかる手続を取らなくてよいという点で、公正証書を作成するメリットがあります。

離婚に関して、相手から養育費・財産分与・慰謝料等の金銭の支払をしてもらう約束をしても、約束が守られない場合が少なからずありますので、このような場合に備え、離婚の際には公正証書を作成しておくとよいでしょう。

公正証書の作成には専門的な知識がどうしても必要になりますので、ご不安がある場合には、弁護士法人アルファ総合法律事務所(新宿・国分寺・所沢)の無料相談をご活用ください。