医者・医師の離婚問題等には、通常の離婚事件とは別の論点が多数あります。
そこでここでは、医者に特有の離婚問題についてみていきたいと思います。

財産分与は2分の1とは限らない

一般的にいえば、財産分与とは、夫婦が婚姻中に協力して形成・維持してきた共同財産を、離婚を機に双方で清算するという性質のものです。

しかし、医者・医師のように「個人の才能や努力」を活かした特殊な職業の場合には、離婚時の財産分与が、必ずしも半分となるわけではありません。

そのため、自分が配偶者にどのくらいの財産分与をするのか、あるいはしなくてよいのかを考える前提として、対象となる財産の形成や維持につき、配偶者の協力関係がどれくらいあったのかをはっきりさせていく必要がある点に特徴があります。

離婚に応じず、別居期間の生活費が多額

収入の高い医師・医者の場合、別居している妻への生活費(婚姻費用といいます)が高額になり、いくら慰謝料を提示しても、全く離婚に応じようとしないことがあります。

不仲であっても、別居してしまえば関係ないですし、相手から高額な婚姻費用を受け取ることで裕福な暮らしが出来るためです。

裁判で離婚するためには法定の離婚事由も必要ですので、そういったことでお悩みの方は弁護士に相談するべきです。

慰謝料請求額が高い!

慰謝料の金額は、不貞行為により配偶者が負った精神的なダメージについて、婚姻期間の長さ、子どもの有無、不貞の回数、不貞の期間などを勘案して判断されることとなるため、収入の有り無しは殆ど関係ないといえます。

判例では、不貞によって離婚する場合の慰謝料の額については、300万円前後が相場となっています(あくまで裁判になった場合)。

医師・医者の場合には、最初の話し合いの段階では、もっと高額を提示されることがほとんどだと思われますが、上記のような相場に「落としどころ」をもっていくことが重要です。

他にもたくさん・・・

医師・医者の離婚は、上記のような金額面のほか、プライバシー面でも非常に気を遣う面があります。
しかし、上記にあげた例は「一部」であって、他にも医者・医師に特有の離婚問題は存在します。

そういった関係や守秘義務の観点から、多くの医師の方は、離婚事件については弁護士に頼んでいる場合が多いようです。