夫婦共有財産とは、結婚時点から現在まで「夫婦で」築いた財産のことをいいます。

夫婦共有財産に関しては、財産を分与するときに2分の1について相手方に請求することができます。

一方で、例えば妻の固有財産(結婚前からの財産等)が夫名義に変わってしまっている場合などには、その全額を請求できます。