離婚や相続といった、家庭内・親族間の紛争など、家庭に関する事件を「家事事件」といいます。
一般の「民事事件」や「刑事事件」と区別される概念(考え方)です。

家事事件は、ナイーブな親族間の感情的な対立があるため、法律的な観点のみならず、相互の心理的・感情的な観点から事件を解決することが求められます。また、家事事件においては、その性質上、個人のプライバシーへの配慮や、裁判所の後見的な関与が求められます。

家事事件一般については、家庭裁判所が、それにふさわしい手続を用意し、家庭や親族の間で起きた諸々の問題を円満に解決すべく、具体的妥当性を図りながら処理する仕組みとなっています。

家事事件には審判事件および調停事件などが用意されており、家事事件特有の履行勧告手続などのような付随手続も用意されています。

上記でも述べましたが、家事事件はナイーブな問題です。
こういった問題についてお悩みの場合には、一人で悩まず、弁護士法人アルファ総合法律事務所(新宿・国分寺・所沢)の無料相談をご活用ください。