以前の法律では、年金をもらう権利は個人のものとされていました。そのため、離婚した場合、収入の低い配偶者側は、自分の年金だけで老後を暮らしていかなければなりませんでした(「収入の少ない配偶者」の多くは女性側ですので、ここでは女性をメインに話を進めます)。

 しかし、必ずしもそうではない場合もあるとは思いますが、往々にして、夫が外で働けるのは妻のサポートがあってこそであって、女性のほうが給料が少ないのも、家事育児があって男性並に働きたくても働けないという場合が多いです。家事や育児だって大変な労働には違いないのに、離婚したときの年金には反映されないのでは、あまりにも女性に不利です。

 そこで、結婚している期間に支払った保険料は夫婦が共同で納めたものとみなして、将来の年金額を計算しよう、という年金分割制度が平成19年4月より始まりました。これにより、専業主婦の場合は、夫が払った保険料の一部(最大1/2)を妻が払ったものとして、将来の年金額が計算されることになります。共稼ぎの場合は、足して2で割って半分ずつまでとなります。