熟年離婚とは、一般的には結婚20年目以降に離婚する事をいいます。

一方で、子供の養育を終えた後に離婚する事を「熟年離婚」というという考え方もあります。

単に夫や妻の年齢によって分類されるものではありませんので、中高年同士が結婚して、また直ぐに離婚したとしても、一般的に「熟年離婚」として分析する対象にはあてはまらないとお考えください。