協議離婚の話し合いでもまとまらず、家庭裁判所の調停・審判でも離婚成立に至らなかった場合、家庭裁判所に離婚の訴えを起こして、その裁判に勝利して、離婚を認める判決を得なければなりません。

この判決による離婚のことを「裁判離婚」といいます。

裁判離婚をするためには、まずは事前に調停を行っている必要があります(これを調停前置主義といいます)。

裁判をご検討されている場合には、プロに依頼することをお勧めいたします。
当事務所では数多くの離婚相談をお受けいたしておりますので、まずはお気軽に無料相談(新宿・国分寺・所沢)へ足をお運びください。