一度決めた親権者を変更する場合、当事者間の話し合いのみで変更することは許されていません。

したがって、親権者を変更したい場合は、調停か審判を申し立てる必要があります。

このようにして申し立てられた調停を親権者変更調停といいます。

調停が成立しない場合には審判となります。

親権者変更の可否は、子どもの利益のために変更の必要があるかどうか、という観点で判断されます。

ただし、子どもが15歳以上のときは、子どもの陳述を聞かなければならない、とされており、子どもの希望が重要な判断材料となります。

こういった問題についてお悩みの場合には、弁護士法人アルファ総合法律事務所(新宿・国分寺・所沢)の無料相談をご活用ください。