婚姻関係にない男女の間に生まれた子どもを父親が自分の子どもであると認めることを認知といいます。

結婚していない男女の間に産まれた子どもは、認知されない限り父親と法律上の親子関係が認められません。
(母親と子どもの関係については、分娩という事実によって親子であることが明らかですので、子どもが生まれると同時に法律上の親子関係が生じるとされています。)

認知する・しないで大きく変わるのは相続権の問題です。実際の父親が認知することによって、子どもは父親の財産を相続できることになります。

しかし、認知してもらわないと、実際には父親であっても、法律上はなんら関係のない人となりますので、相続もできないことになります。

認知の中には、実際に父親であるにもかかわらず認知をしない父親に強制的に親子関係を確定させる強制認知という方法もあります。

こういった問題についてお悩みの場合には、弁護士法人アルファ総合法律事務所(新宿・国分寺・所沢)の無料相談をご活用ください。