調停前の仮処分とは、離婚調停が終了するまでの間に、裁判所が事件の当事者に対して「勝手に財産を処分したり、隠すことを禁止したり、金銭の支払いを命じたりすること」をいいます。

調停前の仮処分をするか否かについては裁判所に決定権がありますが、事件の当事者は裁判所に対して調停前の仮の処分をするよう働きかけることができます。
調停前の仮の処分を命じられた者が、正当な理由なく処分の内容に従わなかった場合には、10万円の過料に処せられます。

もっとも、たとえ裁判所が調停前の仮処分を命じたとしても、強制力はありません。

命令に反して不動産を売却しても元に戻す効果はなく、また、金銭の支払いについても任意に支払いに応じない場合には支払いを強制することはできないのです。

あくまでも過料に処せられるという心理的な圧迫を加え、任意に命令に応じることを期待する効果しかないため、あまり利用はされていません。

それでも調停前の仮処分を行いたい場合には、弁護士法人アルファ総合法律事務所(新宿・国分寺・所沢)の無料相談をご活用ください。