相手方に協議離婚に応じてもらえない場合には、すぐに離婚の裁判をするのではなく、家庭裁判所に離婚調停の申立てを行う必要があります。

この調停で離婚が成立すると「調停離婚」といえます。

調停には、裁判のような強制力はないため、裁判所として離婚が適切だと判断する場合でも、最終的に夫婦の合意がなければ離婚は成立しません。

調停において相手方が離婚に応じない場合にはじめて裁判となるのです。