財産分与とは、結婚中に形成した夫婦共同財産を清算して分けることをいいます。

夫婦は共同生活をしている間、協力して一定の財産を形成しますが、それは多くの場合、夫名義の財産とされます。

しかし、夫名義の財産とされるものでも、その実質が妻の協力貢献によって形成維持されたものについては、離婚の際には、貢献の割合に応じて清算されるのが普通です。

そのためにある制度が「財産分与」であるといえます。

どこまでが固有財産で、どこからが共有財産なのか、「境界線」が不明になっている事案が大多数です。
当事務所の弁護士が指針を示し、アドバイスをさせて頂きますので、まずは当事務所が提供している新宿・国分寺・所沢の離婚無料相談をご活用ください。