離婚の際、養育費の金額を合意したとしても、合意がなされた当時予測できなかった事情の変化が生じたときには、その金額を変更することができます。

たとえば、相手の収入に応じた養育費の支払いを約束して離婚した後、子どもが大きな病気をしたり、進学したりすることで、特別の費用が必要になった場合などには養育費を増額してもらうことができる可能性があります。

ただし、養育費に関して一度合意をしている事実に変わりはないため、養育費の増額は容易ではございません。
養育費の増額についてご検討中の方は、弁護士法人アルファ総合法律事務所(新宿・国分寺・所沢)の無料相談をご活用ください。