15年以上もの長い間、家庭内別居状態にあった夫婦の事案。

⇒離婚をするため、夫が自ら家庭裁判所へ調停を申し立てましたが妻は出頭しなかったため不調となり、その後に当事務所へ離婚訴訟依頼に来られました。
離婚訴訟を提起すると、妻自ら家庭裁判所へ出頭したため、裁判が開始されました。

判決が出るまでに何度か裁判所から和解を勧められましたが、妻側が受け入れず、最終的に離婚を認める判決が出ました。
その後、妻が控訴しましたが、控訴審の途中で再度裁判所からの和解勧告があり、夫が妻へ50万円を支払うことで和解離婚が成立しました。