専業主夫である夫にストレスがたまった妻が、あえて夫を挑発して暴力を振るわせた事案。

⇒妻側が弁護士に依頼をし、調停を申立ててきたため、夫はどうすれば良いのか分からず、当事務所に依頼しました。
調停は我々弁護士とともに出頭し、夫婦としての共有財産を分ける意味も含め、解決金の支払による解決を提案したところ、180万円の解決金を受け取ることができ、調停離婚が成立しました。