所沢市・新宿区・国分寺市の弁護士が、あなた離婚を安心サポート。新宿・所沢・国分寺周辺で離婚をご検討の方は、弁護士法人アルファ総合法律事務所へお越しください。

6.婚姻費用の請求

別居したら婚姻費用の請求をしましょう

 5「別居直前の生活費」でお話したとおり、別居しても夫婦の扶助義務が消滅するわけではないので、夫(収入が多い場合)に生活費を請求することができます。

 婚姻費用分担の調停を申立てる方法は以下のとおりです。

 ①申立て地は、相手方の住所地を管轄する裁判所です。
 (ただし、審判事件の場合には、平成25年1月家事事件手続法施行により、申立人の住所地を管轄する裁判所でも申立可能になりました。)

 ②「申立書」に収入印紙1200円分を貼り、連絡用の郵便切手(裁判所によって異なりますが、だいたい1000円分程度)とともに提出します。

 「申立書」は裁判所のホームページからダウンロードすることができますし(例として、さいたまの婚姻費用分担調停の申立書はこちら)、パソコンがないという方は、家庭裁判所に直接行って入手することもできます。

 注意すべき点は、「申立書」の写しが夫に送達されるということです。

 「申立書」には申立人の現住所が記載されますから、DVなどの理由で夫に現住所を知られたくないという場合には、秘匿情報として希望する旨の書面も一緒に提出しなければなりません。

 申立てが難しく感じるようでしたら、相談だけでも構いませんので、当事務所の離婚無料相談へ足をお運びください。

※ここに記載してある情報は、平成25年3月6日時点のものです。

←5.別居前の3か月分の生活費確保 7.不貞行為の証拠集め→

新宿・所沢・国分寺で離婚相談の予約をするなら TEL 0120-10-5050 【予約専用】受付時間9:00~18:00(日曜祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

併せてご覧ください

離婚総合ページへ
熟年離婚専門ページへ

女性の離婚に強い弁護士

 当事務所(所沢・新宿・国分寺)では女性の離婚事件を数多く処理し、解決に導いております。
 女性弁護士も所属しておりますので、ご希望の方には女性弁護士をご案内することも可能です。
 特に所沢オフィスは、所沢市内最大規模の法律事務所ですので、ご安心してご相談いただけます。

  • facebook

主な対応エリア

所沢オフィス
所沢市日吉町、所沢市東町、所沢市旭町、所沢市くすのき台、所沢市久米、所沢市東住吉、所沢市西住吉、所沢市寿町、所沢市北秋津、所沢市上安松、所沢市下安松、所沢市松郷、所沢市牛沼、所沢市西新井、所沢市東新井、所沢市こぶし町、所沢市並木、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般
新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般
国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 6.婚姻費用の請求のページ
Top