所沢市・新宿区・国分寺市の弁護士が、あなた離婚を安心サポート。新宿・所沢・国分寺周辺で離婚をご検討の方は、弁護士法人アルファ総合法律事務所へお越しください。

健康保険の手続き

離婚後の健康保険の手続き【妻編】

 離婚をした場合、健康保険の手続きを行わなければないケースが一般的です。

 例として、妻が専業主婦の方の場合、婚姻期間中は夫の健康保険もしくは夫を世帯主とする国民健康保険に加入していることが多いと思います。
 しかし、上述の保険は、婚姻期間であったからこそ、妻も利用できたものであって、離婚後も引き続き利用できるのかというと、そうではありません。

 国民健康保険は世帯単位での保険であるため、もともと「夫の」国民健康保険へ加入していた場合でも、戸籍から抜けた段階で世帯が別になりますから、新たに「自分で」国民健康保険へ加入する必要があるのです。

 そのため、(あまり考えにくいことではありますが)妻がそのまま専業主婦(無職)もしくは自由業を始める場合には、自分で国民健康保険への加入手続きを行う必要があります。

 もし妻が就職をしている(これからする)場合には、自分の勤務先の健康保険に加入するか、国民健康保険へ加入する必要があります。 
 
 いずれの保険に加入する場合においても、夫の保険から外れるための手続きが必要となるため、夫の勤務先から資格喪失証明書の発行してもらうなど、適宜適切な手続きをとることとなります。

 上記の手続きを男女お互いに理解し、速やかに手続きを行うことによって、今後のトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

離婚後の健康保険の手続き【子ども編】

 次は子どもの健康保険について確認していきましょう。ここでは例として、離婚後、母親側が子どもの親権をとったケースを想定します。

 まず一般的なケースとして、母親の健康保険へ子どもを加入させ、子どもを扶養に入れたい場合には、上記【妻編】の妻側と同様に、父親の勤務先から資格喪失証明書を発行してもらい、勤務先の健康保険か国民健康保険に異動届を提出することになります。

 何らかの事情があり、子どもだけを母親の保険に入れず、父親の健康保険に残したい場合、父親の同意があれば、そのような手続きをとることもできます。

新宿・所沢・国分寺で離婚相談の予約をするなら TEL 0120-10-5050 【予約専用】受付時間9:00~18:00(日曜祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

併せてご覧ください

女性離婚専門ページへ
男性離婚専門ページへ
熟年離婚専門ページへ

離婚に強い弁護士

 当事務所(所沢・新宿・国分寺)では離婚案件を多数扱っており、無料相談も実施しております。
 女性弁護士も所属しておりますので、ご希望の方には女性弁護士をご案内することも可能です。
 特に所沢オフィスは、所沢市内最大規模の法律事務所ですので、ご安心してご相談いただけます。

  • facebook

主な対応エリア

所沢オフィス
所沢市日吉町、所沢市東町、所沢市旭町、所沢市くすのき台、所沢市久米、所沢市東住吉、所沢市西住吉、所沢市寿町、所沢市北秋津、所沢市上安松、所沢市下安松、所沢市松郷、所沢市牛沼、所沢市西新井、所沢市東新井、所沢市こぶし町、所沢市並木、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般
新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般
国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 健康保険の手続きのページ
Top