所沢市・新宿区・国分寺市の弁護士が、あなた離婚を安心サポート。新宿・所沢・国分寺周辺で離婚をご検討の方は、弁護士法人アルファ総合法律事務所へお越しください。

婚姻費用(別居中の生活費)

婚姻費用とは

夫婦には、「生活保持義務」があり、お互いが同じレベルで生活できるように助け合う義務があり、婚姻から生ずる日常の生活費を分担する義務があります。

ここでいう日常の生活費には、被服費や食糧費、住居費、医療費、教育費や養育費、交際費等が含まれます。

この「夫婦で分担すべき生活費」のことを「婚姻費用」といいます。


夫婦が普通に同居して円満な婚姻生活を過ごしている場合には、婚姻費用の分担問題を考える必要はありません。

経済的に一体性があれば、「夫婦でひとつ」の財布から婚姻費用が全て出るので、そもそも婚姻費用を分担する必要がないからです。

婚姻費用は円満な婚姻生活が破綻し、夫婦が別居した時などに婚姻費用が問題になります。


別居中であるからといって夫が配偶者や子どもに生活費を与えないということは許されません。

夫からの暴言・暴力を避ける為や、離婚の協議中・裁判中の別居だとしても、婚姻費用分担義務は生じます。

婚姻費用分担の請求

夫婦が別居状態にあっても、婚姻自体が継続している状態であれば、婚姻費用の分担義務は生じます。

ですので、例えば夫が別居中の妻に生活費を与えないといった状況の場合、夫に婚姻費用を請求する事が出来ます。


婚姻費用は基本的には協議で取り決めを行いますが、合意に至らなかったり、相手方が協議に応じない場合などには、家庭裁判所に「婚姻費用分担請求」の調停を申し立てることとなります。

調停が始まってから終わるまでの生活費にも困ってしまうような場合には、調停委員会に対し「調停前の仮処分の申請」を行います。

そこで調停委員会が「必要である」と判断をすれば、相手方に婚姻費用の仮払いの仮処分を命ずることができます。

その後、婚姻費用分担請求の調停が不調になった場合には、家庭裁判所が審判で婚姻費用を決定します。


婚姻費用の分担期間については、原則としては「別居を解消して同居するまで」もしくは「別居を解消して離婚するまで」とされています。

詳しくは当事務所(新宿・国分寺・所沢)にお問い合わせいただくか、当事務所の無料相談日にご相談ください。

新宿・所沢・国分寺で離婚相談の予約をするなら TEL 0120-10-5050 【予約専用】受付時間9:00~18:00(日曜祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

併せてご覧ください

女性離婚専門ページへ
男性離婚専門ページへ
熟年離婚専門ページへ

離婚に強い弁護士

 当事務所(所沢・新宿・国分寺)では離婚案件を多数扱っており、無料相談も実施しております。
 女性弁護士も所属しておりますので、ご希望の方には女性弁護士をご案内することも可能です。
 特に所沢オフィスは、所沢市内最大規模の法律事務所ですので、ご安心してご相談いただけます。

  • facebook

主な対応エリア

所沢オフィス
所沢市日吉町、所沢市東町、所沢市旭町、所沢市くすのき台、所沢市久米、所沢市東住吉、所沢市西住吉、所沢市寿町、所沢市北秋津、所沢市上安松、所沢市下安松、所沢市松郷、所沢市牛沼、所沢市西新井、所沢市東新井、所沢市こぶし町、所沢市並木、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般
新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般
国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 婚姻費用(別居中の生活費)のページ
Top