所沢市・新宿区・国分寺市の弁護士が、あなた離婚を安心サポート。新宿・所沢・国分寺周辺で離婚をご検討の方は、弁護士法人アルファ総合法律事務所へお越しください。

戸籍の「離婚」記載を消す方法

戸籍の離婚記載を消す方法

※注意

ここでアドバイスをしている「離婚記載の消除」は、あくまでも「戸籍の記載を見ても当該事実がわかりにくくなる」だけであって、(当然ですが)離婚した事実が消えるわけではございません。

 離婚をすると、戸籍の身分事項の欄には、必ず離婚に関する事項が記載されることになります。戸籍に離婚の記載が残るのが嫌だという方は、「分籍」「転籍」をすることで、当該事項について新たな戸籍には記載されないようにすることはできます。

●分籍する方法

戸籍筆頭者とその配偶者以外で、かつ成年に達した方であれば、今までの戸籍から分かれて新しい戸籍を作ることができます。但しもとの戸籍には戻れなくなります。この手続を分籍といいます。

簡単にいえば、自分が筆頭者になった戸籍を新たに作る手続です。

基本的には、分籍を届け出る人が、「分籍届」と「印鑑」を持って管轄市区町村の役所にいけば手続ができます。

●転籍する方法

戸籍筆頭者とその配偶者であれば、戸籍に記載されている本籍を移転することができます。この手続を転籍といいます。

離婚するといったん両親の籍に戻りますが、これだけでは離婚記載は戸籍から消えません。戸籍が一度両親の籍に戻ったら、再び他の市町村に戸籍を移せば、新しい本籍地の戸籍簿には当該記載は転記されません。

「現在効力を失っている身分事項」というのは、任意的記載事項外、つまり移すか移さないかは任意で、移転申請者の判断にまかされているので、希望すれば離婚情報の転記を避けることができるのです。

基本的には、戸籍の筆頭者かその配偶者が、「転籍届」と「戸籍謄本」「印鑑」を持って①住所地か本籍地の役所か、②転籍先の役所にいけば手続ができます。

新宿・所沢・国分寺で離婚相談の予約をするなら TEL 0120-10-5050 【予約専用】受付時間9:00~18:00(日曜祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

併せてご覧ください

女性離婚専門ページへ
男性離婚専門ページへ
熟年離婚専門ページへ

離婚に強い弁護士

 当事務所(所沢・新宿・国分寺)では離婚案件を多数扱っており、無料相談も実施しております。
 女性弁護士も所属しておりますので、ご希望の方には女性弁護士をご案内することも可能です。
 特に所沢オフィスは、所沢市内最大規模の法律事務所ですので、ご安心してご相談いただけます。

  • facebook

主な対応エリア

所沢オフィス
所沢市日吉町、所沢市東町、所沢市旭町、所沢市くすのき台、所沢市久米、所沢市東住吉、所沢市西住吉、所沢市寿町、所沢市北秋津、所沢市上安松、所沢市下安松、所沢市松郷、所沢市牛沼、所沢市西新井、所沢市東新井、所沢市こぶし町、所沢市並木、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般
新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般
国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 戸籍の「離婚」記載を消す方法のページ
Top