所沢市・新宿区・国分寺市の弁護士が、あなた離婚を安心サポート。新宿・所沢・国分寺周辺で離婚をご検討の方は、弁護士法人アルファ総合法律事務所へお越しください。

協議離婚とは

協議離婚とは

まず離婚をしようと思った場合、夫婦で話し合ってみる必要があります。ここで折り合いがつき、離婚についての話がまとまることを、協議離婚といいます(弁護士が介入していた場合は「交渉事件のみで終了」という扱いになります。)。

この手続は、離婚案件のうちおよそ90%を占めるといわれており、最もシンプルで、簡易な手続です。

協議離婚の流れ

①夫婦双方が合意をする
協議離婚に際しては、まず当事者夫婦双方の合意が必要です。仮に夫婦の一方が否定的であった場合には、この手続は進めることができません(その場合は調停の申立に入ることとなります。)。

②(子どものいる場合)親権者を決定する
協議をしている夫婦の間に、未成年の子どもがいる場合、子どもの監護をする親権者を決定しなければなりません。

③(子どものいる場合)面接交渉権を決定する
親権者とならなかった親が子どもと面会する権利を面接交渉権といい、これを定めておくことで、親権者でない親も子どもと会うことができるようになります。但し、諸事情により面接を拒絶・拒否される場合もございますので、協議で事前にしっかり取りきめておくことが重要です。

④金銭についての取り決めをする
相手方に金銭を求める場合(例として「婚姻費用」「養育費」「財産分与」「慰謝料」「年金分割」等)は、協議の中で慎重に決定をする必要がございます。その際、公正証書にて同意内容の取り決めを明確化させておくと、事前に水掛け論を防ぐことができます。

⑤離婚協議書の作成
双方で合意した内容につき、書面(基本的には公正証書)で残しておくことになります。書面で残しておくことで、例えば相手方が合意内容に反した場合に、執行などの手続にうつりやすいというメリットがあります。

⑥離婚届の提出
内容に双方が合意した場合には、双方が署名捺印をした離婚届を提出します。提出先の市区町村に受理されたら、離婚が成立します。

新宿・所沢・国分寺で離婚相談の予約をするなら TEL 0120-10-5050 【予約専用】受付時間9:00~18:00(日曜祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

併せてご覧ください

女性離婚専門ページへ
男性離婚専門ページへ
熟年離婚専門ページへ

離婚に強い弁護士

 当事務所(所沢・新宿・国分寺)では離婚案件を多数扱っており、無料相談も実施しております。
 女性弁護士も所属しておりますので、ご希望の方には女性弁護士をご案内することも可能です。
 特に所沢オフィスは、所沢市内最大規模の法律事務所ですので、ご安心してご相談いただけます。

  • facebook

主な対応エリア

所沢オフィス
所沢市日吉町、所沢市東町、所沢市旭町、所沢市くすのき台、所沢市久米、所沢市東住吉、所沢市西住吉、所沢市寿町、所沢市北秋津、所沢市上安松、所沢市下安松、所沢市松郷、所沢市牛沼、所沢市西新井、所沢市東新井、所沢市こぶし町、所沢市並木、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般
新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般
国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 協議離婚とはのページ
Top