所沢市・新宿区・国分寺市の弁護士が、あなた離婚を安心サポート。新宿・所沢・国分寺周辺で離婚をご検討の方は、弁護士法人アルファ総合法律事務所へお越しください。

お子様との面会・面接交渉

面会交流・面接交渉とは

 親権者・監護権者になれなかった親(一緒に生活していない方の親)が、子どもに会えるように請求する事を面接交渉といい、その「子どもに会える権利」のことを面接交渉権といいます。

 親であれば原則として面接交渉権は認められていますので、当事者間でいつどこで会うかを自由に決めることができます。

 面接交渉は基本的には協議で決めるものですが、話し合いがまとまらない場合や、話し合いができない場合には、家庭裁判所に調停や審判の申立をし、取り決めをすることができます(調停で話がまとまらなかったときは、自動的に審判手続が開始され、裁判所の審判により決定することとなります。)。

面接交渉で決めるべきものの例としては

①面接の頻度

②一回の面接の長さ

③電話や文通でのやりとりの可否

④面接時に親権者・監護権者も同伴するか

⑤弁護士等の代理人がいる場合、代理人も同伴するか

⑥宿泊の可否

⑦学校行事への参加の可否

⑧日時や場所の決定者

等が挙げられます。

相手方が面接交渉に応じない場合

 面接交渉権には、権利性はあっても、強制力はありません。したがって、自分の面接交渉権を主張し、子どもとの面会を親権者や監護権者に要求しても、相手方がこれに応じない限りは、面接するのは極めて困難です。離婚の話し合いのときに親権者を決め、面接交渉権まで決めたにもかかわらず、離婚後にいざ面接を求めた時に相手が応じないということもあるのです。

 その場合は、基本的には何度も何度も交渉を重ねる必要があります。自分だけでいくら交渉しても相手方が応じてくれないという場合には、弁護士などの代理人に間に入ってもらった方が良いでしょう。

 それでも相手が応じてこない場合には、家庭裁判所に調停を申し立てるという手段があります。しかし現在の運用では、面接交渉権の確保は非常に難しい手続であるといえます。

 そうならないためにも、離婚の段階で弁護士にきちんと相談をして、面接交渉権を確保するために準備をしておくことが大切です。

新宿・所沢・国分寺で離婚相談の予約をするなら TEL 0120-10-5050 【予約専用】受付時間9:00~18:00(日曜祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

併せてご覧ください

女性離婚専門ページへ
男性離婚専門ページへ
熟年離婚専門ページへ

離婚に強い弁護士

 当事務所(所沢・新宿・国分寺)では離婚案件を多数扱っており、無料相談も実施しております。
 女性弁護士も所属しておりますので、ご希望の方には女性弁護士をご案内することも可能です。
 特に所沢オフィスは、所沢市内最大規模の法律事務所ですので、ご安心してご相談いただけます。

  • facebook

主な対応エリア

所沢オフィス
所沢市日吉町、所沢市東町、所沢市旭町、所沢市くすのき台、所沢市久米、所沢市東住吉、所沢市西住吉、所沢市寿町、所沢市北秋津、所沢市上安松、所沢市下安松、所沢市松郷、所沢市牛沼、所沢市西新井、所沢市東新井、所沢市こぶし町、所沢市並木、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般
新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般
国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» お子様との面会・面接交渉のページ
Top