所沢市・新宿区・国分寺市の弁護士が、あなた離婚を安心サポート。新宿・所沢・国分寺周辺で離婚をご検討の方は、弁護士法人アルファ総合法律事務所へお越しください。

年金の分割について

年金分割制度とは

 以前の法律では、年金をもらう権利は個人のものとされていました。

そのため、離婚した場合、収入の低い配偶者側は、自分の年金だけで老後を暮らしていかなければなりませんでした(「収入の少ない配偶者」の多くは女性側ですので、ここでは女性をメインに話を進めます)。


 しかし、必ずしもそうではない場合もあるとは思いますが、往々にして、夫が外で働けるのは妻のサポートがあってこそであって、女性のほうが給料が少ないのも、家事育児があって男性並に働きたくても働けないという理由がある場合が多いといえます。

家事や育児だって大変な労働には違いないのに、離婚したときの年金には反映されないのでは、あまりにも女性に不利です。


 そこで、結婚している期間に支払った保険料は夫婦が共同で納めたものとみなして、将来の年金額を計算しよう、という年金分割制度が平成19年4月より始まりました。

 これにより、専業主婦の場合は、夫が払った保険料の一部(最大1/2)を妻が払ったものとして、将来の年金額が計算されることになります。共稼ぎの場合は、足して2で割って半分ずつまでとなります。

離婚分割と3号分割

 平成19年4月以降の年金分割を「離婚分割」といい、平成20年4月以降のものを「3号分割」といいます。

 離婚分割は、主に話し合いによって決められる方法で、話し合いで決まらなければ調停や裁判を利用して結論をだすことになります。また、離婚分割の場合は、離婚が成立してから2年以内に社会保険事務所に年金分割の申請をする必要があります。

 一方、3号分割は、第3号被保険者期間(いわゆるサラリーマンの配偶者であった期間)のある人を対象としたもので、話し合いを要しない手続といわれております。この手続では、平成20年4月分以降の厚生年金報酬比例部分に関しては、原則自動的に分割する事が出来ます。3号分割の場合、離婚が成立したら一方的に社会保険事務所に申請をすることができます(請求の期限はありません)。

 注意として、3号(自動)分割ができるのは、「平成20年4月以降に加入していた分」に限られます。少しわかりにくいですが、ようは「平成21年4月」に離婚した場合、1年間分は3号分割として自動分割されますが、平成20年4月以前の年金に関しては、離婚分割と同じように手続をする必要があるのです。

新宿・所沢・国分寺で離婚相談の予約をするなら TEL 0120-10-5050 【予約専用】受付時間9:00~18:00(日曜祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

併せてご覧ください

女性離婚専門ページへ
男性離婚専門ページへ
熟年離婚専門ページへ

離婚に強い弁護士

 当事務所(所沢・新宿・国分寺)では離婚案件を多数扱っており、無料相談も実施しております。
 女性弁護士も所属しておりますので、ご希望の方には女性弁護士をご案内することも可能です。
 特に所沢オフィスは、所沢市内最大規模の法律事務所ですので、ご安心してご相談いただけます。

  • facebook

主な対応エリア

所沢オフィス
所沢市日吉町、所沢市東町、所沢市旭町、所沢市くすのき台、所沢市久米、所沢市東住吉、所沢市西住吉、所沢市寿町、所沢市北秋津、所沢市上安松、所沢市下安松、所沢市松郷、所沢市牛沼、所沢市西新井、所沢市東新井、所沢市こぶし町、所沢市並木、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般
新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般
国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 年金の分割についてのページ
Top