所沢市・新宿区・国分寺市の弁護士が、あなた離婚を安心サポート。新宿・所沢・国分寺周辺で離婚をご検討の方は、弁護士法人アルファ総合法律事務所へお越しください。

裁判離婚とは

裁判離婚とは

調停が不成立に終わったり、調停後の家庭裁判所の審判に不服の申し立てがあった場合、訴訟手続にうつることとなります(いきなり訴訟から離婚手続きを始めることはできません。)。

訴訟手続を進めている中で、当事者間でもやはり話に折り合いがつかず、判決を待たざるを得ない場合は、裁判離婚手続を進めることとなります。
また、離婚問題に関する訴訟を起こす場合には、離婚事由と呼ばれるものがなければなりません(詳しくは離婚事由のページへ)。

訴訟手続中に和解ができた場合には、和解や認諾をすることができます(詳しくは和解離婚・認諾離婚のページへ。)

裁判離婚の流れ

①調停の不調
家庭裁判所に調停はおこしたものの、調停での話し合いでも合意に至らなかった場合、調停は不調(不成立)となります。

②(審判があった場合)審判に対する不服申し立て
調停後に家庭裁判所から審判があったとき、審判の日より2週間以内に、審判に対する不服申し立てがあると、審判離婚は成立しません。

③訴訟
調停(審判)が不成立に終わった場合、家庭裁判所に訴訟を提起する事が出来ます。裁判は月に1回程度のペースで進んでいきます。審理を尽くすと、判決となります。

④和解離婚・認諾離婚の不成立
訴訟期間中には、判決に頼らずに和解をすることができます。また、相手方の言い分を全面的に認めること(認諾すること)もできます。訴訟期間中の和解・認諾がなかった場合は、訴訟が続いていくこととなります。和解や認諾は確定判決と同様の効力を持ちますので、その後に再び同じ件につき訴訟を起こすことはできなくなりますし、また、記された養育費の取り決めや慰謝料の支払い、財産分与などの支払いが滞った時には、強制執行を行う事が出来るようになります。

⑤判決の確定
裁判の結果、裁判官が「離婚をするべき」と判断した場合、判決が言い渡されます。判決後、控訴期間(2週間)以内に相手方から控訴がなければ、判決が確定します。

⑥離婚届の提出
判決が確定したら、10日以内に離婚届と判決の謄本と判決確定証明書を市区町村に提出します。市区町村に受理されると、判決が確定した日に離婚したこととなります。

新宿・所沢・国分寺で離婚相談の予約をするなら TEL 0120-10-5050 【予約専用】受付時間9:00~18:00(日曜祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • メールでお問い合わせはこちら
相談票ダウンロード

併せてご覧ください

女性離婚専門ページへ
男性離婚専門ページへ
熟年離婚専門ページへ

離婚に強い弁護士

 当事務所(所沢・新宿・国分寺)では離婚案件を多数扱っており、無料相談も実施しております。
 女性弁護士も所属しておりますので、ご希望の方には女性弁護士をご案内することも可能です。
 特に所沢オフィスは、所沢市内最大規模の法律事務所ですので、ご安心してご相談いただけます。

  • facebook

主な対応エリア

所沢オフィス
所沢市日吉町、所沢市東町、所沢市旭町、所沢市くすのき台、所沢市久米、所沢市東住吉、所沢市西住吉、所沢市寿町、所沢市北秋津、所沢市上安松、所沢市下安松、所沢市松郷、所沢市牛沼、所沢市西新井、所沢市東新井、所沢市こぶし町、所沢市並木、狭山、入間、川越、飯能、三芳町、その他埼玉、東村山、東久留米、東大和、西東京、清瀬、秋津、小平、その他埼玉東京全般
新宿オフィス
新宿、池袋、東久留米、東大和、清瀬、秋津、東村山、小平、小金井、西東京、国分寺、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般
国分寺オフィス
国分寺、東村山、武蔵村山、東大和、昭島、日野、福生、多摩、八王子、西東京、小平、小金井、立川、国立、三鷹、武蔵野市、所沢、その他埼玉東京全般

» 裁判離婚とはのページ
Top